ソニー損保のバイク保険

バイクを運転する上で必要なバイク保険。おすすめバイク保険、バイク保険比較見積もり、知っておくと得する情報満載です。
ズバットバイク保険比較
ソニー損保のバイク保険

バイク保険にもさまざまなものがありますよね。ソニー損保にもバイク保険があります。しかし、125cc以下のバイクが原動機付き自転車のみの契約となっています。またソニー損保のバイク保険は特約として加入するため、たとえば親が所有している車がソニー損保の自動車保険に加入している必要がでてきます。これは、ファミリーバイク特約とよばれるものでSAPやPAPという自動車保険に付加することが可能な特約になっています。

加えていいますと原付や250cc以下のオートバイには、車検などはありません。けれども、自動車賠償責任保険には加入する義務があるのです。車検がないため、もしかしたらうっかり加入することや継続の手続きを忘れてしまっている方もいるかもしれませんね。そのため加入や継続の手続きをわすれないように注意することが必要です。けれども、自動車賠償責任保険は対人補償のためのものであって、自損事故や物損には対応をしていません。そのためバイクの任意保険に加入するようになっているのです。

もし、親の自動車に損保の人身傷害特約が付いていればバイクにも人身傷害特約がつくことになります。人身傷害特約とは、事故の過失割合に関係なく支払われる特約のことで、運転手のケガにも対応してくれる特約です。人身障害がない場合には、対人と対物の保険だけになりますので運転者の補償はありません。また、登録するバイクは何台でも特約として付加できるため安い保険料で加入することができます。

スポンサード リンク
バイク保険新着情報&ニュース 記事一覧
バイク保険比較 新着情報

バイクでも自動車でも、保険を契約する時には、書類が必要です。それでは、具体的に、保険を契約するときに必要な書類としては、どのようなものがあるのでしょうか?今回は、バイク保険で必要となる書類をご紹介します。まず、新車の場合ですが、125cc以下ならば、販売証明書、125cc以上250cc以下のバイクなら、売買契約書、250cc以上の場合なら、同様に、売買契約書が必要となります。

登録済みバイクの場合は、125cc以下のバイクなら、標識交付証明書、125cc以上250cc以下のバイクなら、軽自動車届出済証、250cc以上のバイクなら、車検証を準備することになります。そして免許証(無免許でバイクの運転をしては絶対にいけません)も必要となりますので、忘れないように準備しましょう。契約は、書類がきちんとそろっていなければ、成立しません。

また、標識交付証明書や軽自動車届出済証、車検証の使用者の名義が保険契約者本人と同一の場合にのみ、保険の引受けを行うという条件がついているケースもあります。そのため、これに関しては、契約をおこなう前に事前に保険会社や代理店にきちんと確認しておく必要があります。その他にも保険料を支払うときには口座振替を利用する場合には、銀行口座を記入することも求められます。保険会社によってさまざまな規則がありますので、契約をおこなう前には自分が納得いくまで説明をしてもらうことが重要です。

バイク保険関連ニュース